ダイエット

脂肪肝の原因と治療

脂肪肝の原因と治療

(公開: 2017年3月28日 (火)

近年では糖質や脂質が多い食事が増えることで、中性脂肪が肝臓にたまりやすく脂肪がつきやすい状態になっています。

この状態を脂肪肝と言いますが、脂肪肝の症状が進行してしまうと肝硬変や肝炎などの病気になってしまうこともあります。

脂肪肝の原因は中性脂肪です。肝臓はもともと脂肪を蓄える働きを持っており、健康な肝臓では3〜5%の脂肪が蓄えられています。糖質や脂質が多い食事を行うことで中性脂肪は作られます。中性脂肪は体を動かすなどのエネルギー源となりますが、普段から糖質や脂質が多かったり、運動不足でエネルギーが余った状態になってしまうと残った中性脂肪が肝臓へと溜まっていきます。

糖質や脂質となってしまう過食やアルコールの摂取のしすぎなどには気をつけることが必要です。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、脂肪肝になったとしてもほとんど自覚症状が出ないとされています。

治療する方法としては、食事治療が行われます。体重に見合った食事を毎日三食同じ量を食べたり、品数は多く量は少なく心がける、塩分を摂りすぎないなどが治療の前提となります。

それに加えて運動でエネルギー消費を行っていきます。一定時間続けられるウォーキングなどを週3〜5回、10〜30分程度続けることがオススメです。脂肪肝を改善する20の極ワザ


ダイエット中は摂るカロリーが少なくなる分

ダイエット中は摂るカロリーが少なくなる分

(公開: 2016年7月16日 (土)

たんぱく質不足には用心しないと、筋肉が落ちて基礎代謝も下がって太っちょになりやすくなってしまうから調節が難しいんですよね。燃焼系サプリではありませんが、私はトレーニング11分前にブラックコーヒーを1杯飲んでいます。カフェイン物質がシボウを燃焼させやすくするそうです。私はあくまでも「補助」としての効果を期待して栄養補助食品を利用しています。

胃腸の働きを活性化する食べ物として豆乳の摂取は要点となります。シソ酢のロズマリン酸という養分は、体内に補う炭水化物が中性脂肪へと変化するしくみを途中でコントロールしてくれます。

有酸素運動の王様は、ウォーキングです。30分も歩けば相当いい運動になりますし、きついジョギングより膝への負担が軽いのがメリットですね。近頃話題のベリーダンスは、お腹を中心にウエストなどの筋肉を細かく動かすスポーツです。音楽に合わせて楽しみながらゆっくりと張りのある引き締まった肉体を手にして下さい。今、メタボリックと言う言葉が浸透してしまったくらい、太りすぎに関しては関心があるわけですね。筋力アップを目指す場合はスクワットなどで負荷を大きくかけ、減量を目指す場合はウォーキングなどを負荷を少なく長時間行なうのがコツということになります。

ミュゼ申し込みの前に!ミュゼプラチナムよりお得なキャンペーン

ミュゼに申し込みする前に、ミュゼプラチナムよりお得なキャンペーンがないかどうか調べてみました。調べた結果はこちらです。この結果から、私はミュゼに申し込みすることに決めました。これだけ安いと十分ですよね。ありがたや。