2017年3月

脂肪肝の原因と治療

脂肪肝の原因と治療

(公開: 2017年3月28日 (火))

近年では糖質や脂質が多い食事が増えることで、中性脂肪が肝臓にたまりやすく脂肪がつきやすい状態になっています。

この状態を脂肪肝と言いますが、脂肪肝の症状が進行してしまうと肝硬変や肝炎などの病気になってしまうこともあります。

脂肪肝の原因は中性脂肪です。肝臓はもともと脂肪を蓄える働きを持っており、健康な肝臓では3〜5%の脂肪が蓄えられています。糖質や脂質が多い食事を行うことで中性脂肪は作られます。中性脂肪は体を動かすなどのエネルギー源となりますが、普段から糖質や脂質が多かったり、運動不足でエネルギーが余った状態になってしまうと残った中性脂肪が肝臓へと溜まっていきます。

糖質や脂質となってしまう過食やアルコールの摂取のしすぎなどには気をつけることが必要です。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、脂肪肝になったとしてもほとんど自覚症状が出ないとされています。

治療する方法としては、食事治療が行われます。体重に見合った食事を毎日三食同じ量を食べたり、品数は多く量は少なく心がける、塩分を摂りすぎないなどが治療の前提となります。

それに加えて運動でエネルギー消費を行っていきます。一定時間続けられるウォーキングなどを週3〜5回、10〜30分程度続けることがオススメです。脂肪肝を改善する20の極ワザ


アトピーにはどのサプリメントがいいの?

アトピーにはどのサプリメントがいいの?

(公開: 2017年3月20日 (月))

アトピーにおすすめのサプリメントとは、ずばり乳酸菌のサプリメントです。

 

アトピー性皮膚炎は、乾燥しやすい皮膚とアレルギー体質という2つの要因が重なることで、症状としてあらわれると言われています。

 

このうちアレルギー体質については、乳酸菌が改善のカギとなります。大人のアトピーを改善する20の極ワザ

 

乳酸菌には、腸内環境を整え、免疫細胞を刺激する働きがあります。その結果、免疫バランスが正常に働きやすくなり、アレルギー症状も緩和されていくようになります。

 

実際に、一部の乳酸菌に関しては世界中でアレルギー症状の改善効果について研究がなされており、アトピー性皮膚炎だけでなく、花粉症などのアレルギー症状の軽減が見られたという報告がなされています。

 

例えば、乳酸菌のクレモリス菌FC株についての研究報告では、マウスを使った実験でアトピー性皮膚炎の改善が見られました。

 

ですから、乳酸菌のサプリメントを摂取し続けることで、アレルギー体質にアプローチして症状の緩和につなげることが可能なのです。

 

もちろんサプリメントは栄養を補助するための食品ですから、薬のように効果がすぐにあらわれるわけではありません。

 

つらい症状で我慢できないときは薬を使わなくてはなりませんが、長い目で見て徐々に体質を改善して行きたいという場合は、続けやすいサプリメントが適しています。

 

・乳酸菌のサプリメントならどれでもいいの?

 

乳酸菌サプリメントはアトピーの方にオススメですが、選ぶ際にはどの乳酸菌の種類が使われているかということもチェックして下さい。

 

というのも、乳酸菌には数千の種類があり、それぞれに特徴や効能があるからです。

 

便秘予防におすすめの乳酸菌もあれば、花粉症に強いものもあります。

 

ですから、アトピー性皮膚炎の方が常用するのであれば、その症状に関して研究結果が報告されている乳酸菌を選ぶのが最適です。