思い出の花たち

私は、花や草木が大好きです。
春には、桜が毎年咲き、すぐに満開を迎え、優しい春の思い出をのせてハラハラと潔く散ってゆく様がいいな。
木の下から枝の伸び方を見て花を見て星空を見るのが大好きです。
何年も生きている桜の木、力強い生命力、あこがれます。
そしてシコンノボタン小低木で鮮やかな紫色に惚れました。木ですので毎年咲くと嬉しいのですが、愛情が足らず?3年くらいで枯れてしまい、がっかりした思いがよぎります。
ガーベラは、友達によくプレゼントします。
オレンジ、黄色、ピンクに赤ととてもカラフルで、大輪の花、とても可愛く笑顔になれる感じがします。
花には、とても魅力があり、時には、心を癒し、悲しみを吸い上げてくれるような、また喜びを表現し思い出に残るお花達、シクラメンが年の瀬も近づくと花屋さんにいっぱい並び花色豊富で葉も美しく、花弁が反転し独特の花形が室内を明るく美しく飾り、室外でも寄せ植えにぴったりです。
微妙な色が好き。
昔、シクラメンほど悲しい歌はない...歌もありましたが、その時はまだ子供でどんな花かも知らず、歌っていました。
詳しくはhttp://www.exploitingiphone.com/こちらに書かれています。